SponsoredLink

重曹をお風呂で使う方法。

重曹をお風呂に入れて使用すると、お肌にもいいし
なんと!アトピーにも効果があるそうです。
冬場は乾燥肌になりがちで、肌荒れも酷いので重曹風呂お試し中です♪♪
重曹湯は、血行を良くし、疲労回復や肩凝りにも効果があるそうです。
髪の毛は重曹湯ですすぎっぱなしにしない方が良いかと思われます・・・。
重曹の分量はひと掴み程度で十分です。
入れすぎないように注意して下さい。

入浴後は、排水溝もバスタブも綺麗になりますよね♪

お風呂ってヌメヌメが多くて
私は、お掃除したくない場所ベスト3なのですが(笑)
重曹を使ってお掃除をしてみたら楽しい!!
掃除ってこんなに楽しいの?!って思えた瞬間でした。
その方法をご紹介します。

まず排水口。
重曹1カップと酢半カップ、塩1カップを用意します。
それを排水口に流し入れ15〜20分程放置しておきます。
そして熱湯で排水口を流すと綺麗になっています♪

お風呂の床や壁のカビも、重曹沸騰水で綺麗に落ちます!
バスタブも水垢が落ちにくかったりしますよね?
湿らせたスポンジに、重曹を含ませバスタブをこするだけでピカピカになります。
同じ方法でシャワーや鏡などの汚れも取り除けます。
細かい部分は要らなくなった歯ブラシを使うといいですよ^^

重曹で襟元を綺麗にする方法。

旦那のYシャツ、すぐ襟や袖が汚くなって
漂白してもなかなか落ちない・・・。
でも捨てるのはもったいないし何か方法がないと探してみたところありました!
重曹を使って綺麗にするんだそうです。

実際試してみたら落ちました〜〜!
まずガンコな汚れやシミ抜きには
重曹と水を同じ割合で混ぜてペースト状にします。
それを汚れた部分に直接塗り、いつものように洗濯をします。
その時洗濯機の水にも重曹を加えるとより効果的です。

襟元や袖口の汚れには
重曹と酢を使います★
酢を加えると炭酸ガスが放出され汚れを浮き上がらせてくれて
こすることでミクロな汚れにまで重曹の粒子が行き届きます。
重曹3酢2くらいの割合で混ぜ合わせペースト状にします。
それを汚れた部分に直接塗りこみ、少し擦って10分程放置します。
そしていつものように洗濯をするだけです^^

石鹸と重曹を混ぜ合わせた物もガンコな汚れに有効的です。
石鹸は合成洗剤ではなく、純石鹸を選んでくださいね♪
この二つを組み合わせるとアルカリと界面活性剤の良いところどりになるそうです。

最初に必ず目立たない部分で色落ちしないかを確認してから使用して下さい。
綿やデリケートな素材には向いてないので
くれぐれも注意して下さい。

重曹でお洗濯★

我が家には子供が二人居ます。
ですので、その子供達が衣類を汚す汚す!><
シミになってしまい落ちない服もあります。
そこで色々と調べてみると「重曹」でほぼ落ちるとの事で試してみました。

重曹洗濯は、きちんと汚れが落ちて生乾きの時もあの独特な匂いがしない。
白くなる、柔軟剤を使用しなくても柔らかく仕上がる!
洗濯層のカビもやっつけてくれちゃう。
アトピー肌や肌の弱い方、お子様には最適ですよね。

重曹洗濯の仕方は
粉石鹸や粉洗剤に(合成洗剤じゃありません)カップ1杯ほどの重曹を入れるだけ。
色柄物は鮮やかに仕上がり、白い物はより一層真っ白に仕上がりますよ^^
すすぎの時に柔軟剤を使わずにカップ2/3ほどの重曹を入れると
ふんわりと仕上がります。

石鹸を使わず重曹だけを使う洗濯方法は
白・淡色系の場合(5kg)
水温を30−40℃に設定して洗うのが良いみたいです。
重曹大さじ2杯程度、過炭酸ソーダ大さじ1杯程度、小さじ1杯程度のクエン酸を
柔軟材用のポケットに入れる。

重曹でシミを取る方法。
油性のシミを取る場合は酢も同時に使います。
シミのついた部分の裏にキッチンペーパをあてます。
シミ部分に重曹の粉をふりかけ、適量の酢を垂らします。
もう一枚のキチンペーパーでシミ部分を叩くようにしてシミを落とします。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。